避妊に失敗し泣いている彼女

アフターピルは避妊に失敗した時などに服用することで避妊効果があるピルです。
日本ではアイピルが有名です。
アフターピルは中用量ピルとも呼ばれ、一般的に避妊薬として使われている低用量ピルよりも多くの女性ホルモンが配合されています。
そのため、体内の女性ホルモンの分泌量が大きく変化してしまうため服用した時の副作用も出やすく、吐き気や嘔吐、頭痛といった症状が出ることが多いと言われています。
嘔吐してしまった場合にはアフターピルの成分が体内に吸収されていないこともあるため、再びアフターピルの処方をしてもらって服用しなければなりません。
アフターピルを処方してもらうには、産婦人科などで診察を受けてから処方箋をもらい、それから処方してもらうという方法になります。

健康保険は利用できないため全額自費負担となり、病院により価格は違いますが1万円~1万5千円程度の費用が掛かります。
もっとコストを抑えたい場合はアイピルを通販で購入する方法もありますが、偽物を掴まされる場合もあります。
そのため、性交渉の際に避妊具を付けずに行い、その後に服用して妊娠を防ぐ、というような気軽に使えるものではありません。
特に女性の身体には大きな負担がかかってしまうため、服用した半数以上の人が吐き気を感じ、2割以上の人が嘔吐してしまったというデータもあります。

アフターピルのイメージ

アフターピルの成分は服用から48時間程度で体外へ排出されると言われているため、副作用を感じるのもそれと同じくらいの時間になります。
しかしあまりにも症状が酷くなったり、呼吸が苦しい、手足がしびれるなどの重篤な副作用を感じた場合は、すぐに医師の診察を受けるようにしましょう。
「アフターピルがあれば、避妊具がなくても性交渉ができる」というものではありません。
あくまで避妊に失敗した時のみに服用をするようにしましょう。