アフターピルでの計画的な子供作りと服用後のカロリー

計画を考えている女性

生活基盤が安定しないにも関わらず子供を妊娠してしまうと、後で大変な問題が起きます。
婚前前に子どもか出来てしまえば、親戚の間で自堕落な夫婦という見方をされます。
また経済的に厳しい夫婦が、思わぬ形で妊娠・出産に至ってしまうと、子どもの分の生活費が重くのしかかり、せっかく計画的に過ごしていた新婚時代に想定外のリスクが生まれるでしょう。

そのため、社会一般では避妊の重要性が説明されています。
特に婚前前に妊娠する事は社会的なリスクになりますので、コンドームやピルの使用を積極的に行い、対策は細かく進めましょう。

ただ、コンドームと低用量ピルは万能ではありません。
何らかの手違いで妊娠に至ってしまう恐れもあり、有名な失敗としては、コンドームの破けによる無意識的な膣内射精が挙げられます。
セックス終了後、コンドーム破損による膣内射精が起きていた場合は、すぐに病院に駆け込みましょう。
特にそれが排卵日周辺なら妊娠の恐れが極めて高くなりますので、アフターピルを処方してもらうべきです。

アフターピルはセックス終了後、72時間以内に飲めば、避妊効果を事後的に得られます。
想定外の妊娠と出産を避けられる切り札であり、子供をまだ持ちたくない夫婦が最終的に選ぶべき方法です。
アフターピルの避妊効果は非常に高く、24時間以内に飲めば子供を授かる可能性はほぼゼロに出来ます。

しかしアフターピルは人工的に女性ホルモンバランスのコントロールする医薬品であり、太りやすくなる等の副作用があります。
アフターピルを飲んだ後は摂取カロリーに気をつけましょう。
普段通りのカロリー摂取でもアフターピルの効果によって太りやすい状態になります。
精神的に疲れた時は高カロリー食に手が伸びやすいですが、服用後の暴飲暴食は厳禁です。